心ってzeroだよね。

心ってzeroだよね。

みなさんお元気でしょうか?

お久ぶりの更新になります。

もうすぐ2018年もカレンダー1枚になりいますね。
みなさんにとって平成最後の11月が幸多き月になりますよう、
お祈り申し上げます。

さて、今回は「心ってZERO」だよね。
っていうお話です。

最近、
思うことがあったので、それを書いてみることにしたんです。

「怒り」や「喜び」が湧く前の心って『平常心』で何も感じませんよね?

つまり平常心は「ZERO」なんです。

それを僕の「心」と言ったらダメなんですよ。

最近は仕事でも、まだ起きてないことに「起こったり」「不安になったり」「不満を言ったり」しているんですが、
この出来事はまだ、起きてないんですよ。

その「出来事」は起きてない!

なのに「起きてないない」事に「形ないものに」心はこんなにも『変化』するんです。

本当に疲れちゃいますよね。
でも、僕そんなこんなで、さっき気付いたことがあったんです。

自分が作った世界

平常心から生まれた「怒り」や「喜び」考えたらこれって・・・
自分が作っているんです。

最近やっと自分が作っていることに気付いたんです。

同じ環境、同じ出来事にもかかわらず人によっては全然感じ方が違うんですよ。
同僚だって同じ「不満」を持っているかと思いきや「全然余裕っしょ」って・・・

「なんで?」

「えーキツイってこの環境、絶対」って僕は不満を言うじゃないですか。

同じ環境なのに同僚ったら「大丈夫ですよ」ですって・・・
僕は人はこんなにも違うのかと一応「反省」しました。

これを大まかにスピ系で言うとですね「自分が自分の世界での神」なんです。

この話を壮大に藩士をすると「人間だれしも自分の世界を持っている」になるからです。
結果をいいます。
「その世界の創造主は自分だから」になります。

コーヒーで考えた創造主

嫌いな人と好意を持っている人では、同じ対応でも感じ方が違いますよね。
変わってきませんか?

失礼な話をして申し訳ございません。

例)
好意を持っている人が入れてくれた「コーヒーは美味しく飲める」
逆に、
嫌いな人が入れてくれた「コーヒーは不味くて飲めない」

むしろ好意を持っている人が入れてくれてコーヒーを飲むと「幸せ」だという感情もついてくるんですから・・・

同じコーヒーでもここまで違ってくるんです。
しかも付加価値までついてきます。
でもね・・・付加価値を付けたのは「誰ですか?」

まぎれもなく自分ですね。

こうやって僕たちは、自分の中で現実を生み出すのです。

同じコーヒーでこんなに喜んだり苦しむのです・・・

自分で勝手にこんなに苦しむ世界を作って、
更に自分で作った世界で苦しむんですから、ある意味、僕らは「天才」です(笑)

早く気づいてください。
現実を作っているのは「自分」です。

(今回のブログですがこんな考え方はいかがでしょうか?)

ここまで書いて・・・
この内容が違う、僕のブログ書いていることに気付きました。
やってしまったと気付く僕でした。(書き直しました)

この現実を作っているのは僕です。

そして、
この記事を読んで「そんなこと、あるわけない」って思ったあなた。
その現実を作ったのも「あなた」なんです。

(私事ですが先生の言っていた意味が理解できました)

余談ですが、今日は「吉幾三」を聞きながら書くと作業が進みますね。
自分の好きな音楽を聴くと脳が活性化したという研究結果もあるみたいです。

「吉幾三」を聞く。
ブログが捗る。

心地いいという現実を僕は今、生きています。

簡単に言うと、すべては「自分次第」なんですね。

今日は最近思っていたことが記事として形にすることが出来ました。

ありがとうございます。

引き寄せ見聞録カテゴリの最新記事