スピリチュアルはロジカルに

スピリチュアルはロジカルに

先日、
意識を失い頭を大怪我しました。

それから脳外科でMRIで検査をして
頭には異常はないとのことでした。

ただ
先生から「心臓も疑ってみましょう」
との話しもあがったので
総合病院に紹介状を書いてもらいました。

病院での検査

数日後、
休みが取れないので半休で
予約を入れて循環器内科に行きました。

検査は
・レントゲン
・心臓のエコー
・心電図
と、検査をしました。

結果的は
大きな異常はありませんでした。

それでも
心電図に小さな異常がみつかりました。

なので、
24時間、心電図が図れるホルダーを
つけることになりました。

問題なのは僕はこの後仕事でしたので
肩にぶら下げて仕事をするのが大変でした。

だって、介護の仕事では
邪魔でしょうがないんです。

病院では
看護師さんからは「休めないんですか?」
と、聞かれました。

僕:「休めないんです」

と、変な間の後に…

看護師:「お互い大変ですね」
こんな会話を楽しんでいました。

メンターの教材

この日の僕は、
内心激しく焦っていました。

この日は僕がメンターと慕う方の
限定教材が販売されている最終日だったからです。

すでに病院で教材以上のお金を使っていたので
買えないのは分かっていましたが、
スピリチュアル大好きな僕は何か奇跡が起こるんじゃないかという淡い期待もあったのです。

しかし
買えませんでした。

何も起こりませんでした。

スピリチュアルはロジカルに

何故かもの凄い絶望感を味わったので
仕事が終わり自宅で
YouTubeでスピリチュアル系の動画を眺めていました。

ボーッと見ていた僕は
ある動画で目を覚ましました。

そこで
「自分は自分で自分の人生を生きていない」ことに気づきました。

僕は常に誰かに
依存していたのです。
誰かが自分を助けに来てくれる。
そんな風な考えだったのです。

メンターにも
この人に着いって行ったらなんとかしてくれる。

この今の辛い現実から逃してくれる。

そういう気持ちだったのです。

だから、
教材が買えないだけで落ち込んでいたのは
教材を買えばこの人がなんとかしてくれる

という依存の気持ちが心のどこかにあったからなのです。

まとめ

スピリチュアルに逃げて
天国言葉を数万回唱えても自分から動かなければ何も変わらないのです。

このときまで僕は
この事には、まったく気づいていなかったのです。

しまいには

散々、
職場の悪口をネットに晒して
悪いオーラを世の中に垂らしていたのです。

自分は散々被害者面して、
職場の管理職がやっていることを
僕は全世界に発信していたのです。

実は僕も加害者だったのです。
この事に気づいたのです。

改めて
申し訳ございませんでした。

そして
スピリチュアルはロジカルだと
気づいたのです。

今回もお読み頂きありがとうございました。